日中関係を考える「東京-北京フォーラム」に参加


20100902-1_genronNPO.jpg 民間ベースで日中関係を議論する「第6回東京-北京フォーラム」(主催;言論NPO、中国日報社)が、都内のホテルで開催されましたが、私も実行委員の一人としてパネルディスカッションに参加しました。(写真)
 このフォーラムには、日本側は特定非営利法人言論NPO、中国側は中国日報社が主催で、あくまで民間ベースのフォーラムですが、中国側、日本側ともに閣僚クラスが参加します。
 今回も、日本側から仙谷官房長官、福田元首相、枝野民主党幹事長、加藤元自民党幹事長等が参加しました。
 また、経済界からは、三村明夫新日本製鉄(株)会長、佐々木NEC特別顧問、荻野アサヒビール会長等が参加しました。

20100902-2_genronNPO.jpg 写真の向かって左は増田寛也元総務大臣、中央は明石康元国連事務次長です。
 増田寛也さんは、建設省の後輩にあたり、また、茨城県の課長として一緒に出向していましたので、大変親しくしております。明石康さんは、昨年の大連でのフォーラムでもご一緒しました。

20100902-3_genronNPO.jpg 写真の中央は夏徳仁大連市書記、向かって右は佐々木元NEC特別顧問(前会長)です。
 夏徳仁さんは、昨年大連でのフォーラムで意気投合しました。
 佐々木元さんは、今回初めてお会いしましたが、気さくなお人柄でした。

20100902-4_genronNPO.jpg 左の写真の向かって右端は、荻田伍アサヒビール(株)会長、左端は、副島利宏三井物産(株)顧問、左から2番目は、後藤功宝酒造(株)会長です。
 荻田アサヒビール会長とは、長岡大花火大会に池田弘一同社相談役をお迎えしたばかりでしたので、本当に奇遇だと思いました。

 これらの方々とは、晩餐会で親しくお話しすることができました。今回もまた、本当に良い出会いに恵まれ、大変有意義な会となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です