全国市町村国際文化研修所で講演!「地域発の生きた政策」


 11月19日、全国市町村国際文化研修所(滋賀県大津市)で開催された市町村議会議員特別セミナーに講師として招かれ、「地域発の生きた政策」と題して講演しました。
全国の市町村議会議員86名に加えネツトでの参加者が45名、合計131名の聴講でした。皆さん聴き上手という感じで、気も強くお話ができましたが、気持ち良過ぎたせいか時間が足りなくなり焦りました。質問時間を十分とれず申し訳ありませんでした。反省!
内容は次の通りです。
“全国市町村国際文化研修所で講演!「地域発の生きた政策」” の続きを読む

地方行政リーダーシップ研究会オンラインセミナーの収録!

 私が代表理事を務める「地方行政リーダーシップ研究会」は、特色ある新型コロナ政策を実行している市町村長を講師に迎え、Zoomを活用して録画、その内容をネットにより配信する事業を実施しています。
 すでに、千葉市の熊谷市長、及び、埼玉県本庄市の吉田市長によるそれぞれの発表を録画済みです。
“地方行政リーダーシップ研究会オンラインセミナーの収録!” の続きを読む

長岡北倫理法人会で講演!テーマは「コロナ時代の新しい暮らし」

 10月23日、長岡北倫理法人会で「コロナ時代の新しい暮らし」というテーマで、講演をさせていただきました。
 倫理法人会での講演はいつも早朝6時からです。しかも会場の与板地域はやや遠いので、朝4時半に起床、5時過ぎに車で出発しました。
“長岡北倫理法人会で講演!テーマは「コロナ時代の新しい暮らし」” の続きを読む

Zoom対談で本を出版!テーマは「地方に住んで東京に通うコロナ時代の新しい暮らし」

 「満員電車にはもう乗らない!地方に住んでときどき東京に通う」。テレワークが普及したコロナ時代、地方都市への移住の可能性を探る内容の本を出版しました。
 「乗換案内」のジョルダン株式会社代表取締役社長の佐藤俊和さんとの対談をそのまま本にしました。実は大学の同期生の佐藤さん。一緒に食事した際、「ソフトウェア会社は”人材”がすべて。テレワークが普及し、東京に月に数回出勤すればよい職種であれば、住む地域を自由に選ぶことも可能ではないか?」という説に私が共感。お酒の勢いでじゃあ出版しようということになりました。
“Zoom対談で本を出版!テーマは「地方に住んで東京に通うコロナ時代の新しい暮らし」” の続きを読む

自宅で参加!「新潟県行財政改革有識者会議」Web会議!

 7月10日(金)、Zoomにより「新潟県行財政改革有識者会議」のWeb会議が開催されました。私は自宅のパソコンで参加、特に支障なく終了しました。
 令和2年度予算においては職員給与の縮減43億円、県単独補助金の見直し13億円、核燃料税の出力割合の引き上げによる収入増15億円等により、118億円の収支改善を達成したが、それでもなお105億円の収支不足が生じるという厳しい状況にあるとの説明がありました。
“自宅で参加!「新潟県行財政改革有識者会議」Web会議!” の続きを読む

ZOOMを使って東大まちづくり大学院にて初講義!テーマは「地域発の生きた政策」

自宅のパソコンから発信!
 コロナの影響で講義や講演が一切なく、5カ月ブログの更新をしませんでした。
 7月3日、東大まちづくり大学院の講義で、Zoomを使った講義に挑戦しました。
 テーマは、「地域発の生きた政策」。「中越地震からの市民力による復興」、「市民協働の拠点アオーレ長岡」、「市民とともに成長した子育ての駅てくてく」等です。
“ZOOMを使って東大まちづくり大学院にて初講義!テーマは「地域発の生きた政策」” の続きを読む

第2回目を開催! 「地方議員向けリーダーシップセミナー」

 2月5日と6日の両日、1月に続く第2回目の「 地方議員のためのリーダーシップセミナー」を開催しました。

 今回は、建築家の隈研吾さん、政治ジャーナリストの田勢康弘さん、そして前回に引き続き、私と早稲田大学准教授の永井祐二さんが登壇しました。

“第2回目を開催! 「地方議員向けリーダーシップセミナー」” の続きを読む

第1回 「地方議員向けリーダーシップセミナー」を開催!

 一般社団法人地方行政リーダーシップ研究会と㈱インタークロスの共催による「第1回 地方議員のためのリーダーシップセミナー」を開催しました。
このセミナーは、地方議会議員のみなさんに最新の情報を提供することにより、地方分権改革の推進の一助とすることを目的としたもので、記念すべき第1回目でした。
会場は、国会の至近にあるアイオス永田町(都内千代田区)とし、1月21日㈬と22日㈭の2日間にわたり開催しました。
“第1回 「地方議員向けリーダーシップセミナー」を開催!” の続きを読む

総務省自治大学校で講義!テーマは「地域発の生きた政策」

 1月15日、総務省自治大学校で「地域発の生きた政策」と題して講義をしました。研修生は、全国の地方自治体の第一線で活躍する職員の皆さんで、ご覧のように比較的若い方が多かったので張り切りました。
 このテーマは、長岡市における「子育ての駅」や「アオーレ長岡」等の行政との市民との協働を軸とした政策の重要性について解説したもので、東大をはじめ何回も取り上げています。ただ、今回は、現場の第一線で働く職員の方向けですので、より実践的にアレンジをしました。
“総務省自治大学校で講義!テーマは「地域発の生きた政策」” の続きを読む

筑波大学で講義とパネルディスカッション。テーマは「グローバル化」と「地方の活性化」に貢献できる輝く人材の育成!

 12月7日、筑波大学で”地方自治の重要性とは何か!-「地方の活性化」のための地方分権改革-”と題して講義をしました。
 ”社会基礎学Ⅱ~「グローバル化」と「地方の活性化」に貢献できる輝く人材の育成~”という連続リレー講義の一環で、総合科目として全学生のみならず一般市民等も対象にした公開講座として行われました。
“筑波大学で講義とパネルディスカッション。テーマは「グローバル化」と「地方の活性化」に貢献できる輝く人材の育成!” の続きを読む