水泳の種田恵選手が市民の応援に感謝

040-1taneda.jpg 北京オリンピックの競泳女子平泳ぎに出場した種田恵選手が、長岡市民の応援に感謝するため、長岡市役所を訪問してくださいました。
 皆さんもご承知のように、200メートル平泳ぎでメダルの期待もあった中で8位という成績でした。オリンピックを目指して想像を絶するほどの苦しい練習を耐え抜いた後、ベストの記録を出せなかったことは、ご本人としては大変つらいことだったと思います。その中で、わざわざ感謝の気持ちを述べにお見えになったことに敬意を表します。

“水泳の種田恵選手が市民の応援に感謝” の続きを読む

広島まで日帰り出張の際に出会ったタクシーの招き猫

034-1gakkai.jpg 19日、日本建築学会広島大会で、公共建築の再編成計画について講演を頼まれましたが、台風を避けるため日帰り出張となりました。

 ところで、大阪で乗車したタクシーのフロントに5匹の招き猫が置かれていました。最初はお客様にもらったの猫を車内に飾ったところ、お客様が増えたため、その後増やしてきたのだそうです。
 右側の二つの猫はいずれも子猫とセットになっています。猫好きの私も始めてみました。
 運転手さんとうちのマロンの話をしたりして、ほっと一息つくことができました。
 (建築学会の様子は「続き」をご覧ください。)

“広島まで日帰り出張の際に出会ったタクシーの招き猫” の続きを読む

地域の教育力を考える―与板十五夜まつりと三島地域敬老会

032-1yoita.jpg  12日、250年の伝統を持つ「登り屋台」で有名な与板十五夜まつりにお邪魔しました。しかし、私がいつも感心させられるのは民謡流しです。
 子供達の参加がびっくりするぐらい多いのです。メインステージでは、児童が三味線の生演奏していますし、歌も大人に交じって子供も歌います。約1,200名の踊り手の中にも子供の参加が目立ちます。
 与板小学校の校長先生に、いじめの現状について質問したことがありましたが、「地域の大人が子供たちを見守っていますので大丈夫です。」という答えが返ってきました。このまつりを見ると納得させられます。子供達は貴重な体験をしているのです。大都市では失われた「地域の教育力」が十分機能していました。

 また、長岡市の敬老会は、合併地域では以前と同じく地域ごとに開催しています。13日も越路地域と三島地域の敬老会に出かけました。

“地域の教育力を考える―与板十五夜まつりと三島地域敬老会” の続きを読む

槇下町のお祭りで「天地人あゝ兼続」を披露

029-1makisita.jpg 8月31日、市内槇下町の八幡神社の秋季大祭に招かれましたので、ヨネックスレディースの帰りに立ち寄りました。
 実は、この神社は中越地震で大きな被害を受けたので、復興基金の活用等により修繕に着手していましたが、このほど社殿の修繕が完了しました。そのお祝いも兼ねた大切なお祭りでした。
 写真のように、約100人ほどの住民が集まり、カラオケや伝統的な稚児舞等で盛り上がっていました。大変和やかな雰囲気の中で、私も「天地人あゝ兼続」などをご披露しました。

“槇下町のお祭りで「天地人あゝ兼続」を披露” の続きを読む

ヨネックスレディースで優勝した北田瑠衣選手にコシヒカリを送呈

028-1yonex.jpg 長岡市寺泊地域のヨネックスカントリークラブで開催されたヨネックスレディースに行ってきました。嬉しいことに、樋口久子女子プロゴルフ協会会長の隣で、しかも解説付きで観戦することができました。
 競技は、原江里菜、横峯さくら選手の追い上げをかわし、北田瑠衣選手が最終ホールをバーディで決めて余裕の優勝を果たしました。 
 表彰式では、長岡市からコシヒカリ3俵とコガネモチ2俵を送呈しました。今年から、目録ではなく、ミニチュアの米俵を送呈しましたところ、会場は笑いに包まれました。

“ヨネックスレディースで優勝した北田瑠衣選手にコシヒカリを送呈” の続きを読む

大相撲長岡場所が厚生会館で開催されました

025-1sumo.jpg

 8月16日、厚生会館で、TENY(株)主催による大相撲地方巡業が開催されました。
 両横綱をはじめテレビでおなじみの力士の登場に、約2千名の観客で埋まった会場は、大変な熱気に包まれました。歓迎のあいさつの時、土俵上から見渡しますと、会場を埋めた市民全員の顔が生き生きと輝いていました。やはり、本物の迫力は違います。今後とも、このような催し物を開催しなければと改めて思いました。
(写真は朝青龍、白鵬戦です。)

“大相撲長岡場所が厚生会館で開催されました” の続きを読む

長岡市立劇場で種田選手をみんなで応援



024taneda.jpg
 8月15日、北京オリンピックの水泳競技に出場した種田恵選手(長岡SC所属)の応援のため、長岡市立劇場に設置された大画面前に、約500名の市民が集まりました。
 午前11時過ぎ、200メートル平泳ぎ決勝が始まると、一斉に用意の揃いのうちわを振って大声で応援しました。残念ながらベストの泳ぎができなかったようで、結局8位に終わりましたが、競技が終了した直後、種田選手の健闘をたたえる大拍手が沸き起こりました。
 

“長岡市立劇場で種田選手をみんなで応援” の続きを読む