ついに真珠湾の空に追悼と平和を祈る花火・白菊が咲きました


真珠湾に咲いた白菊 真珠湾の空に咲いた白菊は3発。最初はホノルルの戦没者、次に長岡の戦歿者を追悼し、最後は未来の平和を祈る白菊です。長岡市とホノルル市の共同で実現しました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


長岡市長挨拶 白菊の打ち上げ前に長岡市長として、「現在の平和は戦争で犠牲になった方々と70年間平和を守ってきた方々の上に立ったものであることを自覚し、その平和を次の世代に伝えていきましょう。」と、感謝の挨拶をしました。

記念の盾の交換 打ち上げに先立ち、コールドウェル・ホノルル市長、スイフト・アメリカ太平洋艦隊司令官と私とで、記念の盾の交換をしました。

黙とう 打ち上げ前に両国の戦没者に対し黙とうを行いました。
写真左から、スイフト司令官ご夫妻、私と家内、コールドウェル市長ご夫妻です。

2 Replies to “ついに真珠湾の空に追悼と平和を祈る花火・白菊が咲きました”

  1. 「長岡の白菊がホノルルの夜空に3つ、大きく咲きました。」・・・もう鳥肌が立つ感動を頂きましてありがとうございました。ニュース・新聞・インターネットで拝見致しました長岡の白菊は本当に美しく、何かを忘れかけていた私に「日本の心」を感じさせてくれました。3つの白菊、「一つめはホノルルの戦没者のために、二つめは長岡の戦歿者のために、そして最後の三つめはこれからの平和を祈る白菊。」・・・長岡市、とっても素敵です。新聞のホノルル市長のお言葉にも大変嬉しくなりました。これからも元気・勇気を頂けます平和交流をお願い致します。嬉しくて、嬉しくて、コメントさせて頂きました。~会津若松市から~久保田理江

  2. パールハーバーで、鎮魂の花火が打ち上げられたとか。感動です。実は、2週間前に、私は中1、小4の孫と一緒にパールハーバーのアリゾナ記念館を訪れたばかりなんです。パールハーバー奇襲の映画を見せられ、その後船でアリゾナ記念館を訪れました。その間、私は孫達に記念館訪問の意義を説明しました。私が山本五十六と同じ高校出身である事、山本五十六は奇襲を計画した司令官である事、etc.,。彼等は神妙な顔で聴いていました。周りは、殆どがアメリカ人。そして、無言。やはり、緊張しました。しかし、今回、上記のイベント開催の報に触れて、平和の有り難さを心から感謝致しました。この様なイベントを開催された両国の方々に心からお礼を述べたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です