再開発工事現場にフェニックス花火フォトギャラリーが登場


除幕式に参加 建設工事が進む「大手通表町西地区市街地再開発事業」工事現場の板囲いが、フェニックス花火の10年間の軌跡を展示する「フェニックス花火フォトギャラリー」に変身しました。
 NPO法人復興支援ネットワーク・フェニックスが、企画しました。
 7月24日、その除幕式に私も参加しましたが、見応えのあるデコレーションに感激しました。

ずらりと並んだ10年の軌跡
 ご覧のように、幅42mにわたり、平成17年から平成26年までの10年間に打ち上げたフェニックス花火が、ずらりと並んでいます。
 「10年間よく打ち上げ続けることができた。」という感慨に浸ることができます。

最初のフェニックス花火
 平成17年、中越地震の翌年に初めて打ち上げられたフェニックス花火です。
 山古志の人たちをはじめ、多くの市民が涙を流したことが、昨日のことのように思い出されます。

 
10年目のフェニックス花火 
 昨年打ち上げられた記念すべき10回目のフェニックス花火です。
 この10年間で、大きく進歩したことが改めて実感できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です