アオーレの交流ホールは花盛り アートフラワー展に感動!


本物と見間違う百合の花 5月25日、アオーレ長岡交流ホールAで開催されていた「ふるさと彩る四季の歓び 第17回アートフラワー展」を見に行きました。
 写真の百合の花は、布や針金を用いて作成したのだそうです。本物と見間違う出来ばえに感動しました。


フェニックス花火 今回は、ふるさと長岡をテーマにしたとのことで、この作品は、花火(フェニックス)と名付けられていました。  
 会場には、76名の生徒さんの作品が展示されていました。

主宰の清水雅子さんと 主宰の「しみずフラワーデザインルーム」の清水雅子さんとのツーショットです。
 背景は、悠久山公園をイメージした作品です。

 

見事なツツジ つつじの出来ばえも見事としか言いようがありませんね。
 5月22日(金)から5月25日(月)までの展示でした。見逃した方は、次回、ぜひ鑑賞してください。
 一見の価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です