臼杵古里映画学校で大林監督、常盤貴子さん、伊勢正三さんと再会 


伊勢正三さんと「この空の花」を熱唱 2月14日、大分県臼杵市に出張、映画でふるさとおこしを目指すというテーマで開催された「映画学校」に参加しました。
 臼杵市は映画・「なごり雪」が有名です。当然、伊勢正三さんも参加していたため、幸運にも「この空の花」の主題歌「それは遠い夏」を伊勢さんとデュエットすることができました。

大林監督、常盤貴子さんと
 大林監督、常盤貴子さんとのスナップ。
 左端は、全国古里サミットに参加した長野県上田市の母袋(もたい)市長です。


全国古里サミット 古里映画学校は大林監督の提唱で初めて開催され、大林監督作品の鑑賞、映画の作成を体験する公開ワークショップなど多彩な行事が企画されました。
 写真は、上田市長、臼杵市長、芦別市長、常陸太田市長が参加した全国古里サミットの様子です。
 市長の他、常盤貴子さん、大林監督長女・大林千茱萸(ちぐみ)さん、美術評論家・椹木野衣さんも参加しました。
長岡の物産販売
 各地の物産展も開催され、長岡市職員も物産の宣伝販売に頑張りました。
 なお、一番人気は、柿の種にチョコレートをかけた「柿チョコ」だったそうです。

国宝 臼杵石仏
 臼杵市は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻された磨崖仏・臼杵石仏(国宝)で有名です。

 なお、次回の古里映画学校は長岡市で開催したいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です