小林幸子さんのおかげで盛り上がった東京新潟県人会


会場は超満員 1月24日都内椿山荘で開催された東京新潟県人会新年会に出席、市町村長を代表して挨拶をしました。
 約900人の参加者で会場はご覧のように超満員、故郷・新潟に対する皆さんの熱い思いを肌で感じました。
 なお、東京新潟県人会の会長は、今年から、(株)大庄相談役の平辰氏から二幸産業(株)会長の小林保廣氏に引き継がれました。

市町村長を代表して挨拶 この日、15名近い市町村長が出席しました。
 全員を代表して、「故郷新潟を離れて数十年経過した皆さんが、未だに故郷・新潟に強い愛着を持っておられることに敬意と感謝を表したい。ふるさと創生元年にあたり我々市町村長は体を張って頑張りたい。ふるさと納税を始め、皆さんの応援をお願いします。」と、挨拶しました。

雪椿を熱唱する小林幸子さん また、歌手の小林幸子さんが正式に東京新潟県人会の会員になったことが紹介されると会場からは大きな歓声があがりました。
 小林さんは、「雪椿」などを熱唱、知事、国会議員、市町村長の影が薄くなる人気ぶりでした。当たり前ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です