高市総務大臣、石破地方創生担当大臣を表敬訪問


花火パイをプレゼント 安倍新内閣が発足しましたので、全国市長会とは切っても切れない関係大臣である高市早苗・総務大臣を訪問しました。
 大変、明るく、かつ、気さくなお人柄のようで、市長会のことばかりでなく、長岡市の花火、アオーレ長岡、子育ての駅などにも話題が及びました。
 お土産に、長岡の「花火パイ」をプレゼントしたところ、写真のように大喜びされていました。送り甲斐がある方です。

石破大臣と 次に、これまた全国市長会にとって大切な大臣である石破茂・地方創生担当大臣を訪問しました。
 石破大臣は、いきなり「長岡市の出生数は、今何人ですか?」という質問から切り出され、その後も「出生率アップの良い方策はありますか?」などの質問攻め。大変、まじめな方だと、改めて思いました。
 私から、「雇用の場の確保などの政策は国のリーダーシップが必要だが、子育て支援策などの生活に密着した政策は地方の創意工夫を生かしてほしい。」と要望しました。

古谷一之内閣官房副長官捕と また、「まち・ひと・しごと創生本部」の事務局長となる古谷一之・内閣官房副長官補を訪問しました。
 「人口減少問題や地方創生に手腕を発揮していただきたい。」と、お願いしました。
 今回、訪問した皆さんが、地方創生のカギを握る方々です。今後ともよろしくお願いします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です