大河津可動堰竣工式で私が書いた名板のお披露目


お披露目された名板 6月29日、約170名が出席して大河津分水路の可動堰の竣工式が挙行され、私が書いた名板の除幕式が行われました。
 可動堰は、100年近くの耐用年限があると考えられますので、後世の市民に笑われないように、石丸雨虹先生の書道教室で約2か月間必死で練習しました。


名板の位置 名板は、保守管理用橋梁の橋詰にご覧のように設置されました。
 東詰(燕市側)は鈴木燕市長が、西詰(長岡市側)は私が書きました。

名板の除幕式 当日は、竣工式典が挙行されています。
 名板の除幕式もご覧のように行われました。
 名板は会場から遠く離れた位置にあるため、二つの名板を大型ビジョンに映し出すという方法で行われました。

ラジアルゲート形式の可動堰 写真は、最新式の「ラジアルゲート形式」の可動堰です。
 大型の円形のゲートが回転することにより、流量を調節します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です