NPO法人になニーナが未来賞を受賞


20130226nina-1 2月18日、NPO法人多世代交流館になニーナが、住友生命保険の未来賞を受賞したことを報告にいらっしゃいました。
 中越地震の仮設住宅地区を拠点に、多世代間の交流通じて子育て世代の孤立をなくすための活動を開始、今日まで発展的に活動を継続してきたことが高く評価されました。
 「未来賞」は、よりよい子育て環境づくりに取り組む個人・団体に贈られる賞で、全国から173組の応募があり、大賞2団体に次いで、になニーナを含む10団体が未来賞に選ばれたとのことです。

20130226nina-2 活動拠点を市内蓮潟に移し、中越沖地震の仮設住宅を移築した建物で、活動を継続しています。
 子育ての悩みを分かち合う場としての「子育てサロン」や手芸などを通じて多世代間の交流を進める「手しごとカフエ」などの活動を日常的に行っていることが高く評価されました。
 今回の受賞は、市民力のまち長岡の象徴であり誇りです。になニーナの活動に、心から敬意を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です