「フェニックス大橋」に名称決定


 来年度竣工予定の信濃川に架かる新しい橋の名称が、「フェニックス大橋」に決定しました。
 11月21日、「長岡東西道路橋梁名称選定委員会」(委員長:渡辺誠介・長岡造形大学准教授)を開催、全国各地から応募された5,475点の名称案の中から決定されました。
 その結果の報告のため、選定委員の渡辺誠介委員長、中村真衣さん、高頭光一さん(西中学校生徒代表)、馬場静羽さん(宮内中学校生徒代表)の4人が、委員会終了後、長岡市役所を訪れました。(写真)

 渡辺委員長によれば、多数の応募があった名称のうち、他に「悠久大橋」等も候補に挙がりましたが、この橋は中越地震からの復興に大きな役割を果たすことが期待されていること、また、若者からお年寄りまで幅広い年齢層から応募があったことから、最終的に10名の委員の全会一致で「フェニックス大橋」に決定したとのことです。

  渡辺委員長によれば、フェニックス花火が将来拡張され、フェニックス大橋から大手大橋までの区間いっぱいに打ち上げられるようになってほしいという思いも込めたそうです。素晴らしい目標ですね。
 
 なお、わざわざ報告に訪れてくださった4人を市長室にご案内しました。中学生の高頭君と馬場さんが、特に大喜びしてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です