千人の第九の練習が佳境に


 12月16日に開催される予定の「みんなで歌おう千人の第九コンサート」まで約1か月となり、練習も佳境に入ってきました。
 11月18日、東京フィルハーモニー交響楽団との初めての合同練習を、本番と同じアオーレ長岡のアリーナで行いました。
 各自、本番と同じ立ち位置での練習で、自然と熱が入りました。

 私はバスですので、向かって右側の前から2番目の立ち位置となりました。(写真)

 12月16日午後2時開演ですので、ぜひ、お出でください。

◆指揮:小林研一郎
◆プロデューサー:三枝成彰
◆ソリスト:生野やよい(ソプラノ)/坂本朱(メゾソプラノ)/佐野成宏(テノール)/福島明也(バリトン)
◆管弦楽:東京フィルハーモニー管弦楽団、長岡交響楽団(第2部に参加)
◆司会:露木茂
◆合唱指揮:船橋洋介
◆合唱:アオーレ長岡千人の第九合唱団
◆曲目:【第1部】ベートーヴェン/エグモント序曲
           プッチーニ/『蝶々夫人』より「ある晴れた日に」
          サン=サーンス/『サムサンとデリラ』より「あなたの声にこころは開く」
           ドニゼッティ/『愛の妙薬』より「人知れぬ涙」
           ヴェルディ/『椿姫』より「プロヴァンスの海と陸」
     【第2部】ベートーヴェン/交響曲第九番 ニ短調 作品125 第4楽章
           長岡市歌「笑顔いきいき」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です