新たに9人が越後長岡応援団に就任 応援団長は加山雄三さん


 越後長岡応援団は、今年新たに9名の方に加わっていただき合計32名の大所帯になりました。加山雄三さんには応援団長に就任していただきました。
 8月2日には、加山雄三さん、建築家でアオーレ長岡の設計者の隈研吾さん、長岡市出身の温泉ジャーナリストの山崎まゆみさんを迎え、アオーレ長岡アリーナで、越後長岡応援団就任式を行いました。
 加山さんには、「長岡花火の素晴らしさ等の情報発信を積極的に行い長岡をしっかり支えていきい。」と力強いご挨拶をしていただきました。

 3日には、アオーレ長岡ナカドマで、日本のアートディレクター第一人者の浅葉克己さん、若手アートディレクターとして大活躍中の森本千絵さん、映画「この空の花」に元木花役で出演した猪俣南さんの越後長岡応援団就任式を行いました。
 卓球六段という腕前の浅葉さんは、ご挨拶代わりに壇上からカラー卓球ボールを観客席に打ち込むというパフォーマンスを見せてくださいました。

 浅葉さんは、国内外の様々なデザイン関係組織の会長等を務めていらっしゃいます。長野オリンピックの公式ポスターや民主党のロゴマーク等が皆さんにはお馴染みでしょう。
 森本さんは、アオーレ長岡のサイン計画やプロモーションビデオの制作等をお願いしています。NHK連続テレビ小説「てっぱん」のタイトルバックやオープニング映像等でよく知られています。
 猪俣さんは、一輪車の世界チャンピオンの現役大学生で、映画「この空の花」の「元木花」役で出演しました。
 写真は、就任式終了後ガラス張りの市長室でくつろぐお三方ですが、ナカドマでのパフォーマンスそのままのハチマキ姿の浅葉さんが強烈な印象でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です