アオーレ長岡で栃尾地域の保育園児が花屏風を製作 池坊中越支部創立20周年記念花展にて


20120523-1_ikenobo.jpg 5月16日から21日まで、アオーレ長岡で池坊新潟中越支部創立20 周年記念花展が開催されました。
 16日には、オープニングセレモニーの一環として、ナカドマで、保育園児や市民が、青竹でしつらえた枠に思い思いに花を生けて、花屏風「つながれ」を製作しました。

 

20120523-2_ikenobo.jpg 完成した花屏風の前で、ご来賓の池坊美佳さん(池坊青年部代表)を囲み、双葉保育園(栃尾地域)の園児達と記念撮影を行いました。
 栃尾地域の保育園児たちがアオーレ長岡に来て花屏風作りに参加してくれたことを心から嬉しく思います。

20120523-3_ikenobo.jpg 実は長岡藩牧野家は池坊を推奨していました。
 かつて長岡城があったアオーレ長岡のオープンと時を同じくして記念の花展が開催されることは歴史のつながりを感じます。
 そんな思いを抱きながら、皆さんの美しい作品をじっくりと鑑賞させていただきました。

 

20120523-4_ikenobo.jpg なお、池坊美佳さんとNAMARA代表の江口歩さんの二人が、市長室を訪問してくださいました。
 外から丸見えのガラス張りの市長室にすっかり感心された様子でした。
 池坊美佳さんにお願いして市長の椅子に座っていただき、写真を撮りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です