山本五十六役の役所広司さんが長岡を訪問 映画の成功を祈り「感謝の夕べ」を開催


20111004-1_yakusyo.jpg 12月23日に公開される予定の映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」の製作関係者や山本五十六役の役所広司さん等が、長岡市等の地元の協力に感謝し映画の成功に向けた更なる支援を依頼するため、9月30日、長岡を訪れました。

 役所さんは俳優を志す以前、千代田役所土木工事課に勤務されていたため、役所と工事を文字って名前を役所広司としたという逸話は広く知られています。
 そこで、私も、同じ頃、建設省に勤務しており、千代田区役所と交流があったということを役所さんにお話をしましたら、当時の遠山千代田区長の話などでおおいに会話が弾みました。


20111004-2_yakusyo.jpg 長岡グランドホテルに約300人を集めて開催された「感謝の夕べ」では、小滝祥平プロデューサー、東映(株)の関係者、新潟日報社をはじめとする地元メディアの関係者の主催者挨拶の後、成島出監督、役所広司さん、五十嵐隼士さん、河原健二さんの4人が壇上に上がり、山本五十六に対する思いや映画製作の苦労話等を披露してくださいました。
 また、映画は約60%程度の仕上がりとのことですが、現段階で出来上がった映像の一部が映写されました。
 大変迫力のある映像で、私は、この映画の成功を確信しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。