谷村新司さんの「ココロの学校」が栃尾地域で開校


20110923-1_kokoronogakko.jpg 9月18日、栃尾市民会館で、谷村新司さんによる「ココロの学校」が開校しました。
 「ココロの学校」は、中越大震災で市民が受けた心の痛みを癒したいという谷村新司さんが、自ら校長先生となって「音で始まり歌で始まる」をテーマに繰り広げられる音楽とトークのライブショーです。
 左は、谷村新司さんとお嬢さんの詩織さんと開演前に撮影した写真です。

20110923-2_kokoronogakko.jpg 長岡市での「ココロの学校」は、一昨年の長岡市立劇場、昨年の川口地域に続き、今回の栃尾地域での開催が三回目になります。

 ちょうどこの日に行われた「とちお謙信公祭」の武者行列に参加した「長尾景虎童子隊の少年達も鎧姿のまま舞台に上がり、栃尾混声合唱団の皆さんと一緒に、「ココロの学校」の生徒として参加してくれました。(写真)

 なお、谷村新司さんには、この「ココロの学校」の他、「財団法人山の暮らし再生機構」が実施している「中越・山の暮らし大学校」にも、フラッグアーチストして参加していただき、長岡市とのご縁を、ますます、深めていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です