第2回長岡うまいおかずコンテストで創作料理を堪能


20110908-1_okazu.jpg 9月4日、長岡商工会議所で開かれた第2回うまいおかずコンテストに特別審査員として参加しました。
 このコンテストは、市民のみなさんから長岡産の野菜等を用いた創作レシピを募集し、楽しみながら地消地産を実践しようというもので、長岡市地消地産協議会が主催しました。
 今回は「ビールにも合う!おかず」部門と「女子会で食べたい!シメごはん」部門の二つの部門ごとに3作品、合計6作品の中から、約100名の市民審査員と一緒に審査しました。

20110908-2_okazu.jpg また、特別審査員として、レストランジャーナリストの犬養裕美子さんと野菜ソムリエの木村正晃さんにも参加していただきました。
 その結果、2部門とも市内在住の米持満寿重さんが最優秀賞を受賞しました。
 写真上は、「ビールにも会う!おかず」部門の「巾着ナスのスパイシー巻き」です。

20110908-3_okazu.jpg また、写真下は、「女子会で食べたい!しめごはん」部門の「ヘルシー糸うり丼」です。
 他の4作品も、甲乙つけがたい出来栄えでしたので、審査をしながらお腹が苦しくなるほど食べてしまいました。
 なお、この作品は市内の複数の飲食店で実際に供されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です