山古志、太田地区の復興に弾み 白山トンネル開通


20101204-1_hakusan-tunnel.jpg 12月2日、中越大震災で大きな被害を受けた山古志、太田地区と長岡市中心部とを結ぶ県道の隘路を解消するための白山トンネルと新落合橋が完成し、その「開通を祝う会」を開催しました。
 今回完成したのは、主要地方道 柏崎高浜堀之内線濁沢バイパスの約600mの区間で、すれ違いが困難だった狭隘区間が解消されます。


20101204-2_hakusan-tunnel.jpg また、長岡市の代表的な観光地の蓬平温泉や錦鯉発祥地の山古志地域と市中心部の連携が一層強まることが期待されますし、昨年度供用を開始いたしました長岡南越路スマートインターチェンジの利便性も、益々向上します。
 山古志、太田両地域の発展と日本一災害に強いまちづくりの推進に大きく寄与することを確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です