米百俵まつりに松方弘樹さんが家康の衣装で登場


20101006-1_kome100maturi.jpg 10月2日、晴天に恵まれ、第9回目の米百俵まつりが開催されました。
 今年の呼び物は、大河ドラマ「天地人」で徳川家康の扮した俳優の松方弘樹さんが参加したことです。
 松方さんは、ドラマの徳川家康の衣装をそのまま着け、時代行列に参加してくださいました。(写真)
 また、メインステージでインタビューに応じていただいたほか、まつりの最後には、花火(尺玉10連発)の打ち上げの号令をかけていただきました。


20101006-2_kome100maturi.jpg まつり終了後、米百俵まつりスタッフや五井市議会議長も加わり、松方弘樹さんの慰労のための懇親会を開催しました(写真)。
 松方さんのお父上は、長岡出身の故近衛十四郎さんです。松方さんが3歳の時、長岡に疎開されたそうで、おぼろげながら雪が深かったこと等を覚えているそうです。
 ほかに、趣味のマグロ釣りのお話や映画制作のお話等で、おおいに盛り上がりましたが、ものごとを深く掘り下げるタイプの方だと思いました。
 今後とも、長岡応援団の有力メンバーになっていただけるものと確信しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です