宮内中学校の改築予算確保のため文科省に陳情


20100323-1_gakko-yosan.jpg 小中学校等の改築や耐震改修に対しては文部科学省の補助金が交付されますが、その補助金の来年度予算が仕分けにより大幅に減少したため、長岡市で来年度予定している宮内中学校等の改築予算に黄色信号がともっています。
 国の方針で耐震改修に重点が置かれるため、通常の改築予算が不足する恐れがあるためです。

20100323-2_gakko-yosan.jpg 長岡市のように耐震改修を国の方針より2年も前倒しで実施した自治体は、耐震改修以外の改築については先送りしてきたわけです。
 耐震改修を終え、さあこれから耐震改修以外の改築に着手しようとするその時に、国が耐震改修にのみ重点を置き、一般的な改築予算が不足することは到底納得できません。
 したがって、この点を大臣、副大臣にしっかりと陳情しましたし、同時に、民主党の広野ただし副幹事長にも同様の陳情をしました。

 文教施設に関する国の補助金の具体的な配分案は、5月末ごろに発表されますが、長岡市の実情に沿った内容になることを強く望んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です