クロスカントリー全国大会に出場する小学生を激励


20100320-1_cross.jpg 市内の小学生でつくる陸上クラブ「長岡T&Fクラブ」が、大阪府で開催される「第12回小学生クロスカントリー研修大会」に、新潟県代表として出場することになり、3月19日、市役所で激励会を開催しました。
 同クラブは結成10年で、小学生160人が所属していますが、そのうち選手8人が、全国大会に初めて出場します。


20100320-2_cross.jpg 大会は、3月21、22日の両日、全国から集まった50チームにより、起伏やカーブのある1周1.5kmのコースで行われます。
 チーム対抗のクロスカントリーリレーでは、6区間(男女3名ずつ)の総合タイムで競います。また、タイムトライアルレースでは、男女各1名が個人戦に出場します。
 選手は、南部体育館で走りこみを重ねて万全な仕上がりで大会に臨むということで、結果がとても楽しみです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。