川口町木沢地区の「よりあいっこ祭り」で餅つき


20091125-1_kizawa.jpg 中越地震の震源地、川口町木沢地区で行われた「よりあいっこ祭り」に参加しました。「よりあいっこ」とは、地区住民が集まって飲食し、親睦を深める会合のことを意味します。
 祭りは、地区を元気にしようと平成11年度から住民の手づくりでスタート、「フレンドシップ木沢」や「になニ~ナ」などの町外の市民団体の参加もあり、手作りイベントとして定着しました。

 当日は住民、震災ボランティアだった学生など100人を超える皆さんが参加し、踊り・太鼓の披露など様々な催しが行われましたが、私も川口町長や議長と一緒に餅つきに参加しました。

20091125-2_kizawa.jpg 今月18日には、川口町との合併の申請書を県知事に提出しましたので、順調に行けば来年3月末に合併することとなります。
 合併の基本は、各地域が持つ地域資源を尊重し、刺激しあうために交流することです。
 川口町の皆さんが、合併後も、川口町の誇りを持ちながら、他の地域と交流を図り、大きく発展することを期待します。

 

20091125-3_kizawa.jpg なお、木沢地区への途中、写真のように、越後三山を一望できる素晴らしい風景を見ることができました。これも立派な地域資源の一つになることでしょう。
 長岡市に新しい宝物が加わることを、楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です