12月6日三枝成彰「レクイエム」演奏会に向け練習


091130-1_requiem.jpg 三枝成彰「レクイエム」演奏会が、震災フェニックス実行委員会の主催により、12月6日、長岡市立劇場で開催されます。
 本番間近の11月30日、指揮の広上淳一先生を迎え、市立劇場で最終段階の練習が行われました。私も参加しましたが、自宅や新幹線の車内で必死に練習した成果があって、何とかついていくことができました。

091130-2_requiem.jpg 左がポスターです。ご覧のように、長岡市立劇場で、12月6日14:00開演です。

 プログラムは、三枝成彰作曲の「レクイエム」とカンタータ「天涯第8番」の二曲です。
 レクイエムは、歌いこなすことが大変難しい曲ですが、曽野綾子さんのリブレットによる日本語の歌詞がわかりやすいのが魅力す。また、ソリストは、ソプラノが中丸三千會さん、テノールが樋口達哉さんです。
 「天涯第8番」は、昨年サントリーホールで経験済みですが、ボーイソプラノの美しい歌声が印象的な曲です。
 まだ、多少チケットがあります。ぜひ、聴きに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です