FLAMENCO曽根崎心中 阿木・宇崎夫妻も舞台に


090912-1_sonezaki.jpg 終演後、満場総立ちの観客による拍手が鳴りやみませんでした。
 9月11日、長岡市立劇場で、阿木燿子さんプロデュース、宇崎竜童さん音楽監督によるFLAMENCO曽根崎心中が、上演されました。
 フィナーレに、出演者とともに阿木燿子・宇崎竜童夫妻が舞台に登場すると、長岡では珍しいスタンディングオベーションが巻き起こりました。

090912-2_sonezaki.jpg 終演後、長岡グランドホテルで、阿木・宇崎夫妻や出演者と長岡市民との交流会を開催しました。
 阿木さんが野菜に造詣が深いこともあり、長岡野菜を中心にした料理と長岡の清酒を楽しむ会としました。
 また、阿木・宇崎夫妻に和島小学校の校歌の制作を依頼している和島地域の住民の皆さんや学校関係者も出席し、交流を深めました。
 

090912-3_sonezaki.jpg 阿木さんが主宰する合唱団「ひふみレインボー」の皆さんと長岡市民合唱団や朝日酒造コーラス部等の長岡の合唱団の皆さんとの交流も行われ、おおいに盛り上がりました。
 写真は「ひふみレインボー」による合唱の様子ですが、阿木さんも一員として、楽しそうに参加されておられます。

 なお、「ひふみレインボー」の「ひふみ」は、良寛さんの和歌からとった名前ですが、阿木さんが良寛ファンだったことが、今回の交流につながり、さらに、和島小学校の校歌の制作依頼につながりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.