ホノルル市副市長が長岡市を訪問 友好促進を確認


090811-1_honolulu.jpg 山本五十六の出身地長岡市と真珠湾のあるホノルル市との平和交流を促進するため、8月3日、「日米友好の架け橋実行委員会」の初会合を開催しました。
 会合には、昭和天皇の孫にあたる東久邇信彦氏、山本五十六長官の長男の山本義正氏も出席しました。
 また、長岡市を公式訪問中のホノルル市のコールドウェル副市長も参加しました。


090811-2_honolulu.jpg コールドウェル副市長は、長岡市とホノルル市との交流は世界平和にとって大きな意味を持つと表明しました。
 平和交流は、まず、子供達や教育関係者による教育交流など、相互理解をしっかりと積み重ねることが大切です。
 そして、その成果をアピールする意味で、ホノルル市で平和を願う長岡花火の打ち上げも検討することになりました。

 コールドウェル副市長は、長岡まつりの前夜祭、柿川の灯籠流し、大花火大会も観覧した他、戦災資料館、山本五十六記念館も訪問しました。(写真)
 副市長は、開戦直前まで戦争に反対だった山本五十六が国の決定に従い戦ったことや、文化人としても優れていたことを初めて知り、認識を新たにしたと語ってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です