子供も大人もリフレッシュ「赤城コマランド」植樹祭


090506-1_akagikoma.jpg こどもの日の5日、長岡市郊外にある「赤城コマランド」で春の植樹祭が行われました。
 会場では、700人以上の親子が、やまざくらの苗木を植えたり、冒険遊びや木工工作等を楽しんでいました。
 植樹祭は春と秋の年2回開催され、私は、毎回お邪魔させていただいています。

090506-2_akagikoma.jpg 赤城コマランドの活動は、平成12年、子どもたちを自然の中でのびのび育てようと、四郎丸地区の住民を中心に3千坪の荒れた山林の整備からスタートしました。
 それから10年活動エリアは3万坪にまで広がり、ツリーハウスや遊具等が整備されています。
 すべて、子どもと大人が一緒になって作り上げたものです。

090506-3_akagikoma.jpg 写真の能舞台は、赤城コマランドの近くにある少年学院の生徒が作り上げました。実は、工事現場の足場のパイプを組み合わせ、表面はベニヤ板を張って仕上げてあります。正面には立派な絵も描かれています。
 この日は、長岡市立南中学校の吹奏楽部による演奏会が行われていましたが、観客は軽快な曲にあわせ手拍子を送っていました。

090506-4_akagikoma.jpg 赤城コマランドには、写真のような大きなかまどがあり、ボランティアの皆さんが、ご飯を炊いたり味噌汁を作ります。また、別の場所には手作りのピザガマもあります。
 地域の教育力が低下しているといわれますが、長岡市ではまだまだ健在です。
 子供も大人も目を輝かして楽しむ姿こそ教育の原点だと思います。

2 Replies to “子供も大人もリフレッシュ「赤城コマランド」植樹祭”

  1. いつも公務が集中する日にイベントを企画して
    申し訳ありません。ほんとうに
    毎回欠かさずご来場頂きまして有難うございます。

    赤城コマランドは冒険遊び場です。
    この森で子ども達が解き放たれたように遊んで、
    そして遊びの向こうにある
    大切なものを見つけて欲しいと願っています。
    私たちも一緒に、この活動の中で
    永いあいだ探していた忘れ物を見つけたいと思っています。
    これからもご指導の程よろしくお願い致します。

    第17回植樹会は最終的に900名あまりの参加者を数え、
    大盛況の内に幕を閉じました。
    活動への共感の輪の広がりを実感しています。
    次回の植樹会は11月3日です。
    ぜひ、またお越し頂けますようマタギ一同
    心からお待ち申し上げております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です