職員訓示で「全国市長会長」と「40万人構想」を説明


125sinnendo.jpg 新年度恒例の職員に対する訓示を行いました。
 まず、6月に全国市長会会長(任期2年)に就任する見込みとなったことについて、職員に説明しました。
 国の施策には現場の実情に会わないものもあるが、今後はそれを是正し施策の具体的な内容については地方に任せてもらうために働くことになる。その結果、市町村職員の余計な業務の軽減にもつながる。」と説明し、協力を求めました。

 また、川口町との合併に関連して、「40万人都市構想」についても次のように説明しました。

 「政令指定都市新潟は人口が長岡市の3倍あり、自立的に発展するパワーがある。
 これに対し、中越地域は、新潟市に負けないように長岡市を核として団結していく必要がある。人口が2分の1、かつ、中核市となれば、新潟市と連携協力して発展していく基礎ができる。
 そのために、「40万人都市構想」を長期の目標として掲げ、今回、「40万人都市推進室」を設置した。
 ただし、この構想は、数年内に実現するというものではなく、10年、20年先を見据えた長期的な「構想」であある。
 川口市との合併は、この40万人都市構想の一環であり、あくまで第一歩である。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です