与板の直江屋敷跡に「お船の方顕彰碑」が完成


036-1osen.jpg 直江家の屋敷があったと伝えられる元与板町に、このほど市民有志により「お船の方顕彰碑」が建立されました。
 23日、その除幕式に来年のNHK大河ドラマの「天地人」の作家火坂雅志さんや直江兼続のご子孫と一緒に参加しました。白い幕を取り払うと、火坂さんの筆で「お船の方生誕御館跡」と刻まれた美しい石碑が現れました。
 与板地域は、歩いて回れる手頃な広さの地域に城跡、記念館、直江家ゆかりの寺等が散在しています。ここも一つの観光ポイントとなるでしょう。



036-2osen.jpg 今後は、大河ドラマを一過性に終わらせないことが必要です。私は、天地人の放映はあくまで与板地域の今後の息の長いまちづくりの切っ掛けと考えています。与板は、現状でもある程度城下町としての歴史が感じられるまちですが、その雰囲気にもっと磨きをかけることが必要です。
 いよいよ、長岡市内でもロケが始まり、放映開始まで残すところあと3カ月余りとなりました。どんな兼続やお船の方になるのか楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です