アオーレ長岡に土俵ができるまで

 大相撲アオーレ長岡場所の土俵がどのようにして造られたか教えてほしいというリクエストにお答えします。
  土俵の大きさ  / 直径15尺(4m55cm)
  俵の数量    / 勝負俵(内俵)16個、東西南北の徳俵4個
  
①床にブルーシートを敷く  ②238個のビール箱を敷きつめる ③コンパネを27枚敷く
20130417dohyo-120130417dohyo-220130417dohyo-3
“アオーレ長岡に土俵ができるまで” の続きを読む

横綱白鵬関が長岡市長の椅子に !

20130415sumo-1 4月13日、大相撲アオーレ長岡場所の開催に先立ち、横綱白鵬関が市役所を訪れました。
 市長室にご案内したところ、ガラス張でナカドマが見下ろせることにビックリしていました。
 とても気さくな方で、市長の椅子に座っていただき、NSTの大橋社長との記念撮影に応じていただけました。それにしても、椅子が壊れることもなく、無事座っていただきました。

20130415sumo-2 白鵬関から手形を押した色紙をいただきましたので、お返しに長岡産のコシヒカリを差し上げました。
 すると、白鵬関は、「北海道滝川市で「白鵬米」という米づくりをやっています。実は、モンゴルで米づくりができないか研究をしています。今は、ビニールハウスで栽培していますが、将来、モンゴルで普通に米づくりができれば豊かになります。」と、夢を語ってくださいました。母国の未来を真剣に考えていらっしゃいます。
“横綱白鵬関が長岡市長の椅子に !” の続きを読む

新たな未来へ 中越地震5年復興祈念フォーラム

091026-1_hukko.jpg ハイブ長岡で10月25日に開催された中越地震復興祈念フォーラム「復興 新たな未来へ向けて」(新潟日報社主催)で、復興5年目の報告をしました。
 「大変な5年間だったが、全国の皆さんとの絆が育ち、交流が生まれることで活気を取り戻しつつある。地震を乗り越えたパワーで復興し、全国の山間地のモデルにしたい。」とお話ししました。

 続いて、錣山親方(元関脇寺尾)による講演と復興にかかわった5人によるパネルディスカッションがありました。

“新たな未来へ 中越地震5年復興祈念フォーラム” の続きを読む

大相撲長岡場所が厚生会館で開催されました

025-1sumo.jpg

 8月16日、厚生会館で、TENY(株)主催による大相撲地方巡業が開催されました。
 両横綱をはじめテレビでおなじみの力士の登場に、約2千名の観客で埋まった会場は、大変な熱気に包まれました。歓迎のあいさつの時、土俵上から見渡しますと、会場を埋めた市民全員の顔が生き生きと輝いていました。やはり、本物の迫力は違います。今後とも、このような催し物を開催しなければと改めて思いました。
(写真は朝青龍、白鵬戦です。)

“大相撲長岡場所が厚生会館で開催されました” の続きを読む