中央教育審議会女性委員に囲まれて満面の笑顔

懇親会での一コマ 2月9日、文科省旧庁舎第二講堂で開催された中央教育審議会が終了した後、懇親会が開催されました。
 写真は、櫻井よしこ先輩を含む女性委員との記念撮影です。
 左から、菊川律子/放送大学特任教授、橋本都/八戸工業大学副学長、生重幸恵/NPO法人スクール・アドバイス・ネットワーク理事長、五十嵐俊子/日野市立平山小学校長、私、櫻井よしこ先輩、帯野久美子/株式会社インターアクト・ジャパン代表取締役、田邉陽子/日本大学法学部准教授(柔道家、ソウル五輪で銅、バルセロナとアトランタで銀メダルを獲得)
 各界で活躍中のそうそうたるメンバーです。
“中央教育審議会女性委員に囲まれて満面の笑顔” の続きを読む

櫻井よしこ先輩を訪問

20130304sakurai-1 先日、長岡高校の先輩・櫻井よしこさんのご自宅を訪問しました。
 このたび、櫻井さんが中央教育審議会委員に就任されましたので、今後2年間、私と同審議会でご一緒することになりました。
 そこで、長岡市の教育の実情等をお話ししたいと思い、ご挨拶に訪れました。
 櫻井邸は、東京のど真ん中にあるにもかかわらず、緑に囲まれた豊かな自然環境の中にあります。写真は、その緑豊かなお庭でのものです。
“櫻井よしこ先輩を訪問” の続きを読む

わが母校!長岡高校創立140周年記念式典に出席

20111028-1_140shunen.jpg 新潟県立長岡高等学校創立140周年記念式典が、10月22日、長岡市立劇場大ホールで開催されました。
 長岡市民を代表して祝辞を述べましたが、自分の母校の式典での祝辞は、やはり緊張しました。
 北京時代の体験談をもとに、遠く離れれば離れるほど心の拠りどころになるのが母校であり、在校生諸君には、「母」という言葉をかみしめながら、母校を愛する気持ちで長岡や日本を愛し、世界で活躍してほしいとお話ししました。

“わが母校!長岡高校創立140周年記念式典に出席” の続きを読む

エンジン01オープンカレッジ初日 長岡の宝物を発信

20110221-1_engine01-1.jpg 様々な分野の文化人約140人が長岡に一堂に会し、市民を対象とした講座等を開催する「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin長岡」が、2月18日から3日間にわたり開催されました。
 初日の2月18日には、長岡市立劇場でオープンセレモニーが開催され、大会委員長の華道家・池坊美佳さんが「長岡花火のように皆さんの心に響くイベントにしたい」と挨拶しました。

20110221-2_engine01-1.jpg その後、長岡出身の桜井よし子さんと私に加え、市内の中学生約100人が参加して、長岡の宝物は何かというテーマでシンポジウムを行いました。
 花火や米百俵等、中学生が挙げた宝物について、桜井さんがその理由を次々と質問しましたが、どの中学生も「長岡の花火は平和を祈る花火であることが素晴らしい」等、長岡の歴史や文化を大変よく理解している答えが返ってきました。
 なお、会場で聞いていた茂木健一郎さんや勝間和代さんが、「長岡の子供達は素晴らしい」等とツイーとしてくれていたことを後で知り、感動しました。

“エンジン01オープンカレッジ初日 長岡の宝物を発信” の続きを読む

28人の殿様が勢ぞろい! 全国藩校サミットin長岡

090620-1_hankou.jpg 6月20、第8回全国藩校サミットin長岡が、同実行委員会(委員長:長岡藩牧野家第17代当主牧野忠昌氏)の主催により、長岡市立劇場で開催されました。
 冒頭、全国28藩(過去最多)の藩主(殿様)が壇上に勢ぞろいした光景は、壮観という言葉がぴったりのものでした。(写真上)

 

090620-2_hankou.jpg その後、3人の講師による講演があり、最初に徳川宗家第18代当主の徳川恒孝さんが、江戸時代の教育は、子弟の個性や力量に応じた自由な教育だったことや武士、農民、町民、職人それぞれに応じた内容の濃い教育があったこと等興味深いお話をされました。(写真下)

“28人の殿様が勢ぞろい! 全国藩校サミットin長岡” の続きを読む