常盤貴子さんが与板地域の住民を激励

20130807tokiwa-1 8月4日、大河ドラマ天地人の「お船の方」こと常盤貴子さんにお願いして、水害の被害を受けた与板地域の住民を激励していただきました。
 前夜、長岡の花火の観覧中に、与板地域が水害で大きな被害を受けたことをお話して激励していただけないかとお願いしたところ、快く引き受けていただきました。
 常盤貴子さんは、兼続お船ミュージアムの前に集まった約300人の市民の前で、「与板は私の第二の故郷です。水害に負けず頑張ってください。」と、力強く激励してくださいました。
“常盤貴子さんが与板地域の住民を激励” の続きを読む

「兼続お船ミュージアム」来館3万人を達成

090425-1sanman.jpg 4月25日、「兼続お船ミュージアム」の入場者数が、1月10日のリニューアルオープンから3万人を達成しました。
 1ヶ月あたり1万人近いお客様からおいでいただいていることになります。

 ちょうど3万人目のお客様は、千葉県佐倉市の平原国博さんご一家でした。朝5時に千葉を出発したとのことです。
 記念品として与板の打刃物(包丁)やお船の方のお酒等を差し上げました。

“「兼続お船ミュージアム」来館3万人を達成” の続きを読む

天地人の舞台与板に観光拠点が2か所オープン


81-1 yoita.jpg

 10日、与板地域に、天地人観光の拠点となるスポットが、2か所オープンしました。

 一か所目は、直江兼続「愛」ネット実行委員会が運営する「まちの駅よいた」です。
 休憩コーナー、天地人グッズや特産打刃物の販売コーナーを備え、全国からの観光客をおもてなしする拠点となるばかりではなく、各種イベントの開催や観光客と地域住民との交流拠点として活用することを目指しています。
81-2yoita.jpg 地域住民が施設の運営に携わり、まちづくりに参加する点が大切なポイントです。
スタッフの暖かいおもてなしが話題のスポットとなることを願っています。
  販売コーナーには、兼続・お船が描かれた凧、巨大な「のみ」、打刃物の技術を生かした置物等、与板でしか手に入らないお土産が並べられています。

 もう一か所は、リニューアルオープンした「兼続お船ミュージアムです。

“天地人の舞台与板に観光拠点が2か所オープン” の続きを読む

与板の直江屋敷跡に「お船の方顕彰碑」が完成

036-1osen.jpg 直江家の屋敷があったと伝えられる元与板町に、このほど市民有志により「お船の方顕彰碑」が建立されました。
 23日、その除幕式に来年のNHK大河ドラマの「天地人」の作家火坂雅志さんや直江兼続のご子孫と一緒に参加しました。白い幕を取り払うと、火坂さんの筆で「お船の方生誕御館跡」と刻まれた美しい石碑が現れました。
 与板地域は、歩いて回れる手頃な広さの地域に城跡、記念館、直江家ゆかりの寺等が散在しています。ここも一つの観光ポイントとなるでしょう。

“与板の直江屋敷跡に「お船の方顕彰碑」が完成” の続きを読む