大河津可動堰竣工式で私が書いた名板のお披露目

お披露目された名板 6月29日、約170名が出席して大河津分水路の可動堰の竣工式が挙行され、私が書いた名板の除幕式が行われました。
 可動堰は、100年近くの耐用年限があると考えられますので、後世の市民に笑われないように、石丸雨虹先生の書道教室で約2か月間必死で練習しました。

“大河津可動堰竣工式で私が書いた名板のお披露目” の続きを読む

雨虹書道会「太陽の書展」で感心したこと

20130828taiyonosyo-1 市内の雨虹書道会の主催による「第25回太陽の書展」と「第23回学生の書展」が、8月23日から25日まで、アオーレ長岡市民交流ホールで開催されました。
 約170点むの作品が展示ホールいっぱいに展示されていましたが、石丸雨虹会長の「一生懸命」とかかれた書が、ひときわ目をひきました。また、目黒煌人副会長の書も躍動感があふれる素晴らしいものでした。
 そして、心から感銘を受けたことがありました。
“雨虹書道会「太陽の書展」で感心したこと” の続きを読む