早稲田大学で2回目の「地方行政リーダーシップセミナー」を開催

 2019年7月23日(火)、「第二回地方行政リーダーシップセミナー」を早稲田大学環境総合研究センターとの共催により、早稲田大学26号館で開催しました。
 まず、「変化する世界と日本」と題して、(公財)日本国際問題研究所理事長で前駐米特命全権大使、元外務省事務次官の佐々江賢一郎氏が基調講演。一流の外交官が、トランプ大統領、中国とロシアとの関係、インドの役割、朝鮮半島情勢などについてお話してくださり興味深い内容でした。私たちがメディア等で得ている情報に基づく判断にある意味で信頼感を持つことができました。
“早稲田大学で2回目の「地方行政リーダーシップセミナー」を開催” の続きを読む

早稲田大学大隈記念小講堂で「第1回地方行政リーダーシップセミナー」を開催

 1月24日、早稲田大学環境総合研究センターのご配慮で、大隈記念小講堂にて第1回地方行政リーダーシップセミナー」を開催しました。
設立ホヤホヤ(1月7日)の「地方行政リーダーシップ研究会」の初仕事です。
 市町村長、副市長村長、市町村議会議員など約80名の参加があり、下記のテーマと講師でまずまずのスタートを切ることができました。

  1. 「Society5.0と地方創生」 野村総合研究所顧問、東京大学公共政策大学院客員教授 増田寛也氏
  2. 「地方自治体の災害初動対応」~頻発する広島土砂災害への対応と課題 元消防庁国民保護・防災部長、前広島市副市長 室田哲男氏
  3. 「地域発の生きた政策を目指して~私の背中を押してくれた言葉」 森民夫
  4. 「早稲田大学環境総合センターの取り組み紹介」 同センター上席研究員、W-BRIDGE副代表 岡田久典

“早稲田大学大隈記念小講堂で「第1回地方行政リーダーシップセミナー」を開催” の続きを読む

「一般社団法人地方行政リーダーシップ研究会」を設立しました

「地域に根差した生きた政策を地方から発信していくことこそ、日本の豊かな未来を創造するために必要不可欠な課題である。」との認識から、この度、市町村長、議員をはじめ地方行政関係者の良き相談機関となることを目的とした「一般社団法人 地方行政リーダーシップ研究会」を設立しました。
ホームページや解説書と首っ引きで、設立のための準備を進めた結果、1月7日、東京法務局品川出張所に「一般社団法人地方行政リーダーシップ研究会」の設立登記を申請し受理されました。

一般社団法人地方行政リーダーシップ研究会ホームページへ

また、法人設立に際し、各省庁のOB、民間企業の創業者、市町村長など多くの親しい友人に相談をしたところ、快く講師やアドバイザーを引き受けてくれました。下記の「アドバイザー又は講師をお願いしている方々」です。
“「一般社団法人地方行政リーダーシップ研究会」を設立しました” の続きを読む