世界の猫グッズNo.26 大英博物館のエジプトの猫

 じゃれあっているマロンとアポロの前に鎮座している黒い物体は、大英博物館で購入したエジプトの猫のレプリカです。
 古代エジプトでは、猫の顔をした女神のバステト神が崇拝されていましたが、猫はバステト神の使いとして大切にされていました。そのため首都ブバスティスの神殿には、猫の像がたくさん奉納されていたそうです。
 この猫のレプリカは、エジプトで発掘され、現在は大英博物館に収蔵されている紀元前660年ごろの猫のブロンズ像を模して製作されたと説明書に書いてありました。
“世界の猫グッズNo.26 大英博物館のエジプトの猫” の続きを読む

世界の猫グッズNo.6 エジプトの猫(バステト女神)

090821-1_maron-egypt.jpg 古代エジプトでは、猫がライオンの代わりとして崇拝され、バステト女神として神格化されていたそうです。
 猫を国外へ持ち出すことは厳しく禁止され、また、死んだ猫を丁寧にミイラにし、バスト女神の神殿に手厚く葬りました。
 私はエジプトに行ったことはありませんので、写真の猫の置物は、東京で開催されたエジプト物産展で購入したものです。

“世界の猫グッズNo.6 エジプトの猫(バステト女神)” の続きを読む