加山雄三さん父子と「天地人花火」について懇談

017kayama.jpg  7月13日、湯沢フィールド音楽祭に出かけましたが、音楽祭の楽屋で加山雄三さんとそのご長男の池端信宏さんと三人で「天地人花火」について懇談することができました。 湯沢フィールド音楽祭
 加山さんは、今回信宏さんが作曲した新曲(天地人花火のバックに流れる曲)の出来栄えを大変高く評価されていました。また、天地人花火をプロデュースする信弘さんの晴れ舞台ができたことに、大変喜んでおられました。

“加山雄三さん父子と「天地人花火」について懇談” の続きを読む

恒例の懐メロ歌謡ショーに出演、高校三年生を歌う


016natumero.jpg
 7月13日、長岡市立劇場で恒例の「第14回長岡懐メロ歌謡ショーが開催されました。私は、主催の長岡懐メロ愛好会のメンバーで、第5回から毎年参加していますので、今年でちょうど10回目の出演となりました。
 今回は、「啼くな小鳩よ」と「高校三年生」の二曲をご披露しました。1,500人が定員の会場は今年も超満員でした。
 舞台構成は、ドライアイスあり、シャボン玉ありの本格的なものです。

“恒例の懐メロ歌謡ショーに出演、高校三年生を歌う” の続きを読む

四川大地震復興支援4―汶川県の村に義捐金を送る

015-1rabokusai.jpg 7月4日、四川省政府の建設庁においてと震源に近い?川県(ブンセンケン)の幹部と協議した結果、特定の地域に寄付する方が義捐金が生きるというアドバイスに従い、長岡市と山古志地区住民からの義捐金30万円づつ計60万円を、羌(チャン)族の村である同県雁門郷の蘿卜賽(ラボクサイ)という村に寄付しました。
 被災前の村の様子は「続き」に掲載しましたが、美しい風景です。しかし、被災後、左の写真のように壊滅的な被害を受けました。
“四川大地震復興支援4―汶川県の村に義捐金を送る” の続きを読む

四川大地震復興支援3―都江堰市の仮設住宅を訪問

014-1mayor.jpg 7月3日、震源地に近い都江堰市(トコウエンシ)郊外の農村部の仮設住宅地区を訪問しました。写真は、都江堰市長に義捐金を渡している場面です。
 写真の後方に見えますが、仮設住宅の外観は日本と同様の長屋形式の長方形で、配置も日本と同様の配置ですので、一見、日本の仮設住宅と同じように見えます。また、通路等は舗装され、樹木等も植えられ、環境にも配慮されていました。
 しかし、住戸内は日本と大きく異なります。詳しくは、「続き」をお読みください。

“四川大地震復興支援3―都江堰市の仮設住宅を訪問” の続きを読む

四川大地震復興支援2―四川省政府と会談

013seito.jpg 3日、四川省の省都である成都市に入り、四川省政府の建設庁幹部と会談しました。そこで、日本による今後の支援に関する中国側の要望を伺いました。
 四川省政府としては、安全、かつ、安価な農村住宅のモデルの策定とその普及方策、被害を受けた建物の再利用が可能かどうかの安全度調査、及び、大量に発生した廃材のリサイクル対策等について、日本の支援を受け対策を講じていきたいとのことです。
 

“四川大地震復興支援2―四川省政府と会談” の続きを読む

四川大地震復興支援―北京で中越地震の体験を講演

012beijin.jpg 6月29日から7月5日まで、四川大地震の復興支援のため、兵庫県、神戸市関係者等と共に、北京と四川省を訪問しました。
 1日には、北京において中国政府、国際協力機構の共催で開催された「日中復旧・復興支援セミナー」に出席し、被災経験のある市長として基調講演をしました。
 中国建設部の李兵弟農村建設局長や四川省建設庁の李又副庁長等の行政関係者、及び、清華大学の顧教授等の学識経験者等約200名が参加しました。

“四川大地震復興支援―北京で中越地震の体験を講演” の続きを読む

来年の大河ドラマ「天地人花火」を打ち上げます

011ikehata.jpg 8月3日の長岡大花火大会で、長岡市与板地域ゆかりの武将直江兼続を主人公にした小説「天地人」にちなんだ花火を打ち上げます。「天地人」は、来年のNHKの大河ドラマに決定し、兼続には妻夫木聡さんが決定しています。

 この花火のプロデュースは、加山雄三さんの長男で、作曲家の池端信宏さんにお願いしました。池端さんが作曲した新しい曲に合わせ、3分間にわたり、約1、500発の花火が打ち上げられます。

“来年の大河ドラマ「天地人花火」を打ち上げます” の続きを読む

阿木燿子さんにお会いしました

010aki.jpg 6月15日、リリックホールで「米百俵デー市民の集い」を開催しました。

 表彰の後、阿木燿子さんが「幸福へのパスポート~今を豊かに生きるために」という題で講演してくださいました。
 講演終了後、阿木さんに、色々なお話を伺うことができました。チャーミングを絵にかいたような方で、お名前の通り輝(燿)いていらっしゃいました。
 会話の内容は「続き」に掲載しました.

“阿木燿子さんにお会いしました” の続きを読む

サントリーホールで「第九」を歌いました

009-1dai9.jpg 「俺たちだって、天地を動かす。」

を合言葉に、六本木男性合唱団と長岡等の4都市の男性合唱団とが協力して開催したコンサートに参加しました。

 会場はサントリーホール、オーケストラは新日本フィル、ソリストは中丸三千繪さん等豪華メンバーで、夢のような体験をさせてもらいました。また、曲目は「第九」をはじめ、魔弾の射手「狩人の合唱」等のオペラ曲、三枝成彰作曲「天涯」等多彩で、練習が大変でした。
六本木男性合唱団ホームページへ

「続き」に打ち上げパーティーの写真をアップしましたので、見てください。なお、演奏会の模様はBS朝日で6月28日7:00PMから7:55pmまで放映されます。

“サントリーホールで「第九」を歌いました” の続きを読む

「天地人あゝ兼続」を倫理法人会20周年式典で合唱

008rinri.jpg 6月9日、厚生会館で開催された長岡倫理法人会20周年記念式典のアトラクションで、長岡市民合唱団の有志と一緒に、「天地人あゝ兼続」を合唱しました。

 この歌は、「兼続合唱団」(私もメンバーの一人です。)の合唱でCDが発売されています。勇ましくて大変良い曲と思いますので、買っていただければ幸いです。お問い合わせは、長岡観光・コンベンション協会(TEL:0258-32-1187)までどうぞ。

ここをクリック(曲の一部が聴けます)