平和を考えるシンポジウム「山本五十六とハワイ交流」を開催

027-1isoroku.jpg 21日、「山本五十六とハワイ交流と題したシンポジウムを開催しました。「海燃ゆ山本五十六の生涯」の著者である工藤美代子氏の講演の後、工藤氏と私とが対談しました。
 このシンポジウムを開催した目的は、山本五十六の出身地である長岡市と真珠湾のあるホノルル市との交流を進める意義を考えようというものです。結論から言えば、不幸な歴史を乗り越え、両市が相互に交流するなかで理解を深めることは、世界平和に貢献できると考えています。

“平和を考えるシンポジウム「山本五十六とハワイ交流」を開催” の続きを読む

心に響いたヤドランカ&cobaのステージ

026-1coba.jpg 19日、リリックホールで開催したヤドランカ&cobaコンサートトにでかけました。
 ヤドランカさんの心にしみる落ち着いた歌声とcobaさんの躍動するようなアコーディオンの響きとが絶妙に溶けあったサウンドは、めったに聴けない質の高いものでした。このようなコンサートを長岡で開催できたことをうれしく思います。
 (写真はコンサート終了後の交流会でお二人と撮影したものです。)

“心に響いたヤドランカ&cobaのステージ” の続きを読む

大相撲長岡場所が厚生会館で開催されました

025-1sumo.jpg

 8月16日、厚生会館で、TENY(株)主催による大相撲地方巡業が開催されました。
 両横綱をはじめテレビでおなじみの力士の登場に、約2千名の観客で埋まった会場は、大変な熱気に包まれました。歓迎のあいさつの時、土俵上から見渡しますと、会場を埋めた市民全員の顔が生き生きと輝いていました。やはり、本物の迫力は違います。今後とも、このような催し物を開催しなければと改めて思いました。
(写真は朝青龍、白鵬戦です。)

“大相撲長岡場所が厚生会館で開催されました” の続きを読む

長岡市立劇場で種田選手をみんなで応援



024taneda.jpg
 8月15日、北京オリンピックの水泳競技に出場した種田恵選手(長岡SC所属)の応援のため、長岡市立劇場に設置された大画面前に、約500名の市民が集まりました。
 午前11時過ぎ、200メートル平泳ぎ決勝が始まると、一斉に用意の揃いのうちわを振って大声で応援しました。残念ながらベストの泳ぎができなかったようで、結局8位に終わりましたが、競技が終了した直後、種田選手の健闘をたたえる大拍手が沸き起こりました。
 

“長岡市立劇場で種田選手をみんなで応援” の続きを読む

「天地人あゝ兼続」CDの森民夫独唱バージョンを発売

023-1cd.jpg このたび、「天地人あゝ兼続」の森民夫独唱バージョンCDを発売しました。1曲目は従来通り7名の兼続合唱団による男性合唱で、2曲目に私の独唱が入っています。CDに録音するのは初めての経験でしたので、結構緊張しましたが、素人なりにまあまあの出来だと思います。

 価格は千円です。お問い合わせは、長岡観光・コンベンション協会(TEL:0258-32-1187)までどうぞ。

ここをクリックすると曲が聴けます

被災地への出張から帰宅、マロンがお出迎え

022-1maron.jpg 8月4日から5日まで、岩手・宮城内陸地震の被災地に対するお見舞いと激励のため、岩手県一関市と宮城県栗原市に行ってきました。
 帰宅すると、愛猫マロンが、玄関の床にへばりつき、いかにも猫らしく横着なお出迎えをしてくれました。大花火大会につぐ出張で少々疲れていましたが、マロンのこの出迎えで疲れが吹っ飛びました。床のひんやりとした感触を楽しんでいるのでしょう。
(なお、被災地の状況は、「続き」をお読みください。)

“被災地への出張から帰宅、マロンがお出迎え” の続きを読む

天地人花火に会場は興奮に包まれました

021-1tentijin.jpg 来年のNHK大河ドラマに決定した小説「天地人」にちなんだ花火が、8月3日の長岡大花火大会で打ち上げられました。
 この花火は、加山雄三さんの長男で作曲家の池端信宏さんがプロデュースした花火です。
池端さんが作曲したオリジナル曲に合わせ、3分間に約1,500発の花火が、幅400メートルにわたって息つく暇もなく打ち上げられ、会場は感動の渦に包まれました。

“天地人花火に会場は興奮に包まれました” の続きを読む

長岡大花火大会を開催

020hanabi.jpg    8月2日、長岡大花火大会の一日目を開催しました。久し振りに土曜日の開催となったことと、フェニックス花火の人気が高まっていることもあり、過去最高の45万人の人出となりました。平原綾香さんのジュピターの曲に合わせてフェニックス花火が打ち上げられると観客からは大きな歓声が上がりました。

“長岡大花火大会を開催” の続きを読む

四川省震災復興視察団を山古志地域に案内

019chinatyousa.jpg  7月30日、中国住宅都市農村建設部の仇保興副部長を団長とする中国四川省震災復興視察団の一行約40名が、復興の参考にするため長岡を訪れました。長岡市役所で中越地震の被害状況を説明した後、四川大地震の被災地と類似した山間地である山古志地域の復興状況を見てもらいました。
 多くは被災地各地域の幹部で熱心に視察していました。質疑応答では、人口の少ない山間部に多くの復興予算を投入する意義や集団移転の法的根拠等について真剣な質問が相次ぎました。

“四川省震災復興視察団を山古志地域に案内” の続きを読む

崔中国大使を訪問し四川省視察結果を報告

018china-taisi.jpg 7月24日、東京の中国大使館に崔大使を訪ね、四川大地震に対する長岡市の今後の支援の方向についてお話ししました。安全・安心な農村住宅のモデルの作成、災害を逆手に取った観光振興策、コンクリート廃材の再利用方策等について、具体的に説明しました。
 また、7月30日に、四川省の政府関係者約40名が山古志地域の復興状況を視察に訪れることになっているので、長岡市としては、3年半で立派に復興した状況をお見せしたいことを伝えました。

“崔中国大使を訪問し四川省視察結果を報告” の続きを読む